2007.04.26 00:45

ひさしぶー(?)!

またまたさぼり気味だなぁ…
でも今日は書きます!
書かなきゃ損だもん!!

…というのも、今日は第3回「飲んだり食べたり語ったり悶えたりする会」(←すでに題名があやふや…笑)開催!!
1次会はToyちゃん、くらちゃん、華で盛り上がり、2次会はくるみちゃんも加わってフルメンバーで楽しみましたvv
お腹も心も満たされて、もう幸せいっぱいでした!!
やっぱり仲間は宝ですvv

その「萌え飲み」に行く前に、くらちゃんと“男の人が車に乗るシチュエーション”について熱く語ってしまいました!笑
…と言っても余計に興奮してたのは華だけかも!!笑
一番2人が納得したのは、

①彼女の家の前で、彼女が彼の車から降りる

②運転席から助手席の方に少し身を乗りだす彼

③上目遣いで(←ここポイントです!)「じゃあね。」と言いながら助手席ドアを閉める

こんな感じ…だっけ?
違ってたらごめんね~
とにかく、コーフンでした!!

↑のも十分素敵だけど、華はね、シチュエーションに特にこだわりはありません!
もう運転席に座って普通に運転してくれれば、それでいいvv笑
わがままを言うなら、ちょっと手慣れてるぐらいがグッド!!
左右を確認する姿も素敵ですvv
要は何でもいいんです!(ぇ)
会話がなくても気が楽で、車の運転に慣れてる男性募集中ですvv笑

もう眠いので、気が向いたら明日書きます(o^o^o)
スポンサーサイト

| もえかい。 | コメント(2) | |

2007.04.19 23:45

春雨ばんざい!
寒い日にはやっぱり春雨スープです。

はいはいー華です。

今日はなんかあんまり良くない日だったな。
特にバイトに関して。
バイト先に着いたと思えば、シフト表の隣にお客さんからのクレームの報告書が。
個人向けではなかったけど…なんか、自分の接客がまだまだだと思った瞬間だったよ。
プチ凹み(笑)
だから今日は意識して営業スマイル頑張ってみた☆(笑)
って言ってもたいしたレベル変わってない気がするけど(笑)

そんで雑用中に手を切り、血を出すし。
忘れ物をある場所に届けてと頼まれて行ったら、何だか説教されちゃったOrz

そんなこと聞かれてもあたし知りません!!
確かに向こうからしたら店の責任者なのかもしれないけど、何にも言われてないんだからしょーがないじゃんっ(`△´)!!
頼んだ人を怒る気持ちにはあまりならないけど、せめて、もう少し何か説明を…ね?
いきなり怒られたらこっちだって心の準備が!!
微妙に泣きべそかいた(いや、かきそうになった?)じゃん!!
もーもー。
おかげでテンションダウンさ。
勉強せにゃならんのに…

あ、今日ウェブ見たら新しくリニューアルされてた!
なんか可愛くなってるvv
ポップでカラフルな感じ?
NEWSのトップページの風船みたいなのが可愛いー
サイトメンテナンスで微妙に凹んでたんだけど、こんなに変わってるなら文句なし♪♪
ちょっとテンション上がりました(^-^)(←単純)

| なにげなく。 | コメント(0) | |

2007.04.18 21:03

どうも、華です!

今日はア〇オまで合説行ってきました。
大学で時間割り確認してから行ったから、少々出遅れた感があったけど(笑)
たくさんいい企業を見てきましたvv
本気で頑張りたいと思える企業にも出会えたかも。
昨日の大学の方の就職ガイダンスでもあったけど、「偶然は勝手にやってこない。だから偶然の起こり得るチャンスをたくさん作れるように自分から頑張る必要がある」…だったかな(笑)←あやふや
だから頑張るよ!
決して焦らず。
怠りもせず。
だって自分の将来のことだから。
じっくり見極めて決めたいと思わない?
確かに大学卒業っていう期限はあるけれど。
その先はもっともっと長い。
たくさんの人と出会う。
楽しいことつらいこと、数えきれないくらいあるだろうね。
せっかく生きるんだから楽しいほうがいいに決まってる!!
選ぶ余地なんてないこと分かってるけど、それはそれなりに受けとめて頑張りたい。
せっかくの人生だからね。
適当になんか生きたくない。

なんだかそんなことを考えちゃいました(;^_^A
とりあえずがんばろ~(´∀`)
「プロポーズ大作戦」終わるまでには1つくらい内定もらえる(いや、最終面接行くくらい)になってるといいにゃ~笑
いや、強気で行こう!
なんかさっきまでと矛盾してるかも知れませんが(笑)

とりあえず、頑張り宣言!!

| なにげなく。 | コメント(2) | |

2007.04.16 17:01

突然オリジナルストーリーをブログに載せてしまいました、華です。笑
今回は全然ときめきを意識してません!
そんで気の向くまで連載していきます!(打ち切りの可能性あり)
更新もかなり不定期だと;
こんな話でも読みたいと言ってくれるかたはどうぞお付き合いください。
それともう一つ。
こんな駄作でも著作権は華にありますので、コピー・パクリ・転載はご遠慮ください。
あと全てフィクションですよ~!
それではいってらっさい♪

初めて出会った時は、ただかっこいいな、だけだった。
でもこんなに好きになるなんて、予想もできなかった。
あなたはとても優しい人。
たとえその優しさがみんなに向けられていたんだとしても。
生まれてから恋の経験が浅いあたしは、勘違いする他なかったのかもしれない。

*****

『あ~だるい…やっぱ浪人なんかするんじゃなかった…』

とある都会の予備校。
最悪の気分で目覚めた朝。
寝癖を中途半端に直しながら、あたしはいやいやながらそこに通う大学浪人2年生。
浪人生活なんて、全然楽しくなんかない。
毎日毎日勉強の連続で。
これで恋でもしていれば、一歩違った道だったかも。
でも、正直それどころじゃないんだよなぁ。笑

『おはよ、麻知(まち)』

麻『おはよ…美瑠(みる)』

この子は去年、予備校に入ったばっかりの時に仲良くなった友達。
美瑠は頭がいいのに、講義に出るのがまちまちなので、あたしと同じく浪人2年目。

麻『今日はめずらしく登校~?』

美『そ~。新入生ゲットしに!!』

麻『じゃ~いい人見つかったら、ちゃんと講義出てよねvv』

美『な~に言ってんの!見つかったら即遊ばなきゃでしょ』

美瑠…あんたそれじゃいつまで経っても合格できないんじゃ…?笑
まああたしも人のこと言えないけど。

美『ね、麻知。さっそくなんだけどさ』

麻『何~?代返はもうこりごりだからね…』

美『違うの。今日あたし合コンなんだけど、ダブっちゃってさ』

麻『で…興味ない方に行ってくれって?』

美『麻知~!話し分かるじゃんvv』

麻『悪いけど断る』

美『な、なんでぇ~;』

麻『あたしそーいうの好きじゃないし』

美『麻知は座ってるだけでいいから!…もしかして、まだ“怖い”の?』

麻『いや…だいぶ治まって来たけど…』

嘘ついてしまった。
本当はまだ、ものすごく怖い。
男という存在が。

美瑠は大切な友達。
だけど、まだ付き合いが浅いことやちょっと軽めな性格の美瑠に何でも話せる訳じゃなかった。
警戒し過ぎかな。笑

人見知り、そしてなかなか他人に心を開けない自分の性格がたまに嫌になる。
それが改善されれば、もっと楽しい人生が送れただろうに。

美『あ、先生来ちゃった!あたし今日別メニューでこれでバイバイだから!日時はあとでメールするね。じゃ!!』

麻『ちょっ、ちょっと!』

何なのよ、もうー!!
いつもあたしの意向は無視なんだから。
あ~知らない人の中で飲むのやだなぁ…。
なぜか酒には強くて全然酔えないし。
まぁ適当にあしらって帰ればいいか。

『カンパーイ!!』

さっそく始まった午後7時。
美瑠の友達って派手な子多いからなぁ、まさに浮き浮きだわ。
根はあんま悪くなさそうだけど。

軽く自己紹介して、適当に話し始める。
あぁめんどくさい。
早くお開きにならないかな(笑)

『あれ、一人足りなくなぁい!?』

美瑠の友達の一人、千香が話す。

男「あぁ、何か遅れるって。もしかしたら来ねーかも」

何!?
じゃああたしいらないじゃん。
もうさっさと帰ってやるわよ!
男嫌いのあたしに、これ以上長居する理由はない。

男「あ、今来るって」

ガーン!!
もー、帰ろうと思ってたのに。
もういつのまにか2人組ができてて、明らかに残りのあたしが話相手じゃん。
ますますヤダっ!!

「わり、遅れた」

突然現れた彼は、存在だけでその場の雰囲気を変えた。

女『ちょっ、まじやばいじゃん!!』

女『かなりタイプなんですケドー』

女性陣は口々に話す。
彼がどんなに容姿が良くったって、あたしには関係ない。
男なんてみんな同じ。
あたしには“敵”でしかないの。

「ここ、いい?」

ぼーっとしてたら、いつのまにかさわやかオーラの彼があたしの前にいた。

麻『どうぞ』

「どーも」

1メートル弱離れた座席に彼が座っただけなのに、体の震えが止まらなくなった。
それと激しい動悸。
やっぱり怖い…!

麻『ごめん、少し休んでくる』

「あ、ちょっと!!」

ホントは帰るつもりだけど。
あたしは早足でその場を後にした。

「待って!」

ちらっと振り返る。
やっぱりさっきの人だ。
お願い、来ないでー!!

だけど運動音痴なあたしが逃げ切れるわけもなく。

「何で逃げんの?」

手を捕まれた。

麻『はっ…離して!あなたに話す必要なんかない!』

「初対面だから?」

なんなんだこの男は。
見ず知らずの女に馴々しすぎない!?

麻『離してください、帰るんですから』

「また戻るつもりじゃねーの?」

麻『戻りません!』

「じゃー名前教えてよ」

麻『名前!?』

「そう。オレだけ君の名前知らないのってイヤじゃん?」

そんなの知らないし!

麻『ならそっちが先に名乗るべきでしょ!』

「オレは昌弘。そっちは?」

下だけかよっ!

『…麻知』

「かわいー名前じゃん♪今度いつ会う?」

は!?

『もう会いません。一生』

「…美瑠に聞けば分かんだろ?」

『えっ…?』

どうして美瑠のこと知ってるの!?

「今“何で”って思ったっしょ?笑…アイツとは前からの幼なじみでさ。今回の合コンも俺らが設定したわけ」

『ふーん』

「信用してないだろ、麻知(笑)」

『まだ親しくもないのに馴々しく呼ばないで』

誰が男なんて信用するか。
もう二度と。

「頑固だね(笑)。ま、いいや。ゆっくり仲良くなってこーぜ!」

『なっ…////!!お願いされたって会いませんから!!』

昌弘と名乗る1人の男は、女の扱いには慣れてるようで。
帰り際にポン…とあたしの頭を撫でて去っていった。
こんな敵意むき出しのあたしにさり気ない優しさ。
そんなに悪いヤツではないのかも…なんて思い始めた。

まだまだ信用なんてできないけど。
1%くらいは信じてみようという気になった。
あたしも超頑固だなぁ(笑)

5年前のアイツはもういないのに。
傷つくことが怖くて。
まだ一歩が踏み出せない。

| ゆめのせかい。 | コメント(0) | |

2007.04.05 13:34

今日はなんだかほっこりした気分♪
とても穏やかですvv



…と思えばまた落ち込んできた。。。
あーもー、ちくしょう!!
将来どうしよう!何もだめだ!!
終わってるよ、自分…。

昨日のはねとびはよかったvv
なんでか華はドキドキでしたよ。
2人が素敵過ぎて。
もう付き合っちゃえよ、おまいら!!…とでも言いたくなるぐらいお似合いでした♪♪笑
それにしてもぴいちゃんが選んだあのブレスレット、華も100円だと思ってました;;
23万てすげーすげー!
いや、ぴいちゃんとしては「しまった」だろうけどね。笑
しかも持ってるんだね、そんな大金…;;
10万円がしっかり束になってた!(A型っぽいな)
よくよく見たら、万札の束の上にあるのは千円札!?

ぴいちゃん、千円はいらないよ(笑)

見間違いかなぁ?
後でもっかい見ようvv

またこれから練習です。
今日は夜遅くまでかかる予定。。。
理由つけて帰りたくなってきた。
もう今までかなりがんばって協力してきたもん(自分の中では)!!
そろそろいいよね!?

なんて言ってみるも、結局言い出せないんだな…これが。
ちっちゃいわ~自分。

| やまぴー。 | コメント(1) | |

プライベートモード